カードローン限度額目安は年収に左右される

消費者金融のキャッシングを利用してお金を借り入れる場合、その限度額というものは消費者個人の年収に左右されます。
その理由として消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカードなどの利用は総量規制という法律の対象となっているからです。
この総量規制という法律の目的は借金のし過ぎによる多重債務者や自己破産者の増加を食い止めることにあります。
そのため、消費者金融や信販会社借り入れに際しては、その限度額は消費者の年収の3分の1までとなっています。
つまり、この上限を超える金額の借り入れに関しては消費者はすることができない決まりになっているのです。
限度額の上限
ただし、キャッシングと似たようなサービスとして銀行のカードローンがありますが、カードローンの場合には消費者が借り入れられる金額の上限が収入の3分の1までと法律によって規制されてはいません。
そのため、銀行が行う審査次第では消費者金融のキャッシングよりもより多くの金額を借り入れることが可能になっています。
ただし、いくら総量規制の対象とはなっていないからといって、無制限に融資を受けられるというわけではありません。
カードローン限度額目安というものがあるからです。
消費者に対して無制限に融資を行っていた場合、なかにはその返済に行き詰ってしまう人もいるからです。
そのため、カードローン限度額目安としては消費者金融や信販会社からお金を借り入れるときと同様に収入の3分の1程度が借り入れられる金額の上限となっています。

消費者金融は年収によって限度額が左右されますが、銀行カードローンは年収に関係なく借りることができます。
そのため、収入のない専業主婦も銀行ローンの利用が可能です。
正社員だけでなく専業主婦でも借りることができる金融機関はこちらで紹介されています。
参考:キャッシング審査KS8|審査通過を目指す!おすすめ借入ランキング
URL:http://www.ssehvusa.org/