カードローンの総量規制とは何か

カードローンでは総量規制という制度に注意しなければなりません。これは返済能力を超えた借入をして、債務整理などに追い込まれないようにするための制度であり、総額が年収の3分の1を超えていると、それ以上の貸付を禁止する制度です。例えば100万円借りたい場合には、年収は300万円以上必要になります。これは貸金業法で定められているため、この法律が適用される貸金業である消費者金融やクレジットカードなどの信販系が対象になります。
,ただし、これには例外の規定もあり、一方的に有利となる借り換えに関しては年収の3分の1を超える金額でも借りられます。例えば、現在借りている業者よりも金利が安い業者に切り替えるときや、多重債務を1つにまとめるおまとめローンなどがこれに該当します。しかし、実際に貸すかどうかは各業者が審査で判断するため、借入残高が多過ぎると審査は厳しくなります。
,これに対し、銀行は貸金業が適用されません。そのため、総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超える借入が可能になっています。もし総量規制にかかる場合には、こちらを利用すると良いでしょう。ただし、収入を問わないカードローンを除くと、銀行でも限度額に年収が影響します。年収が低いのに高額の貸付をすると貸し倒れのリスクが高くなるため、限度額は安全に返済できる範囲までしか設定されません。あまり高い金額を希望しても、審査に落とされる、または減額されます。